本堂 

新着情報




今週のご挨拶

1月15日

【大人になるということは】


ついこの前に年が明けたと思ったら、もう一月の半ばになりました。
金毘羅院も節分の準備にとりかかっておりますし、なかなか慌ただしいものです。
今日1月15日は、「とんどさん」を行い、皆様に納めていただいた旧年中のお札をお焚き上げしました。あわせてお正月に金毘羅院でお書き頂いた書初めもお焚き上げしました。煙が天に昇って字が上手になるということですよ。


さて、一昔前は1月15日は成人の日でしたね。今は連休になるよう調整されて毎年日にちが違いますが、今年も多くの新成人が誕生したようです。
20歳になると社会的な義務も権利も認められるようになり、晴れて大人の仲間入りをするわけですが、かといって20歳になったから急に精神的にも大人になれるわけではありません。
だいたいに「精神的に大人」を測る物差しがあるわけではないので、だれがどれくらい大人なのかということは、簡単に判断できるものではありません。
なので結局一番判断しやすい年齢で相手を大人とみなすことになるのですが、そうするとあらゆる場面で「あれ?この人、いい大人なのに…」と思うことが多々出てくるわけです。
どうも「精神的に大人になる」ということは、年齢が上がるように自動的に大人になれるわけではないようです。
では、「大人になる」とは一体どこで判断したらいいのでしょうか。


例えば「責任を持てるかどうか」ということはよく言われますよね。
立場としての責任とか親としての責任など、大人になればなるほど背負う責任は大きくなるものです。
でもこういう言い方は、随分義務っぽいですし、大人になることが全然楽しくないように聞こえます。
なので何か別のいい言い方はないかなと考えてみたのですが、こういうのはどうでしょう。

「自分がやらなくて誰がやるんだ」と思って物事に取り組むこと。

子どもの頃や仕事を始めて間もない頃は、自分だけの判断で物事に取り組める機会が少ないです。だからそういう時には「きっと誰かがやってくれるでしょ?」という気になりやすいです。
しかし、自分が判断してやらなければいけない時には、「自分がやらなくて誰がやるんだ」と思わなければ物事はうまくいきません。
そして、そう考えれることによって物事に真剣に取り組むことが出来ますし、愚痴や言い訳もしなくなります。
「自分で判断して行動し、愚痴や言い訳をしない」というのは随分大人に思うのですがどうでしょう?
ということで「自分がやらなくて誰がやるんだ」と思って物事に取り組める人かどうかが、精神的に大人かどうか判断する一つの見方となりうるのではないでしょうか。
あの人は大人かな?そして自分もどうだろうか?そう考えるときに一つの基準にしてみてはいかがでしょう。


ただ、私個人的なことですが、最近「自分がやらなくて誰がやるんだ」とは逆に「絶対に自分がやらなければいけない、というわけじゃない」ということをよく考えています。
なんだか責任を放棄してしまったように聞こえますね。
ただそうではなく、ある物事に対し「自分しかこれをすることが出来ない」とか「自分が一番このことは上手くできる」という思い込みを捨てたいな、と考えているのです。
「自分がやらなくて誰がやるんだ」と思って物事に取り組めば、そのことに対し思い入れが強くなります。それ自体は素晴らしいことですが、その思いが強くなりすぎると、「これは自分にしかできない」とか「人には任せられない」という思いも生まれやすいです。
しかしその思い、見方を変えればこだわりであり、執着をしているということになります。
執着をするということは頭や心を固くしてしまいます。
「これは自分にしかできない」は物事を独占したい気持ちに、「自分が一番上手くできる」は他人よりも優れていると思う気持ちに変化していき、それらはやがて苦しみにつながります。

自分の中にもこういう気持ちは確実にある。だからこそ何かに取り組むときには、「自分がやらなくて誰がやるんだ」という気持ちを持つと同時に、一歩引いた視点で「これはあの人にお願いしたらどうだろう」とか「これはあいつに任せてみよう」と色々と可能性をひろげるようにしています。
そのほうが気持ちが楽になりますし、あと…仕事も楽できますよね。

ともあれ、大人になるということは自分で決めて行動することであり、今の自分はそうやって自分で決めて行動してきた結果だと自覚することなのかなと思います。


大寒波が襲来しています。雪や凍結や寒さ、どれもお気を付けください。


                               合掌



トピックス
 
ご祈祷 車祈祷 大祭 ご相談 葬式・墓地 水子供養 先祖供養 その他の活動



倉吉観光情報 プロテック
仏壇・墓石・霊園 中原三法堂

大平山金毘羅院