本文へスキップ


沿革


ご祈祷、ご供養のお寺 真言宗 大平山金毘羅院 

沿革



昭和37年、それまでは岡山県新見市を中心に活動をしていた先代の住職が、新しい布教の場を求めて托鉢修行を発願いたしました。

その時に倉吉の地で知り合った方から現在の金毘羅院の基礎となる土地を譲り受け小さなお堂を建立しました。

これが当山の始まりです。

その後、数度の建て直しを経て平成2年に現在の本堂が落慶されました。


現在ではご祈祷を中心に参拝者のご相談を聞くお寺として、地元や近隣の県より多くのお参りを頂いております。


また平成23年からは金毘羅院墓地「照光苑」を開き、永代供養墓「還阿堂」を建立いたしました。





本堂 - 沿革



寺院情報

大平山 金毘羅院

〒682-0021
鳥取県倉吉市上井1
TEL.0858-26-1526
FAX.0858-26-1525